フォト
無料ブログはココログ

トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月29日 (土)

ドッグイベントクラブ-パピーパーティー

DSCF0050__2_.jpg


先日、ドッグイベントクラブさん主催のイベントをドッグカフェpipiさんで
行いました。
パピーレッスンだったのですが。。。とてもワン達のお行儀の良さに驚きました。近頃のパピー達は、飼い主さん達のしつけに対する意識も高まっているのかお行儀が良い子が多いです。
マナーの守れる飼い主とマナーを教えられた犬が増えて、
しつけが出来ていない飼い主や犬は外出するのが恥ずかしくなるぐらいの
社会になってくれれば、今回レッスンに参加頂いた飼い主さんやワン達が
良い例を沢山作ってくだされば、しつけが自然と広まりますね・・・。


本当に参加頂いた皆様、イベント関係者の皆様ありがとうございました。
お疲れ様でした!

banner_03.gif
←ポチッとな!
sbanner.gif犬のしつけならカワノe-ドッグ←ホームページもご参照ください。

2005年10月24日 (月)

パピークラス

DSCF0047.jpg


月島のパピー10月クラスが無事終了しました。
子犬のトレーニングで必要なトレーニングは、
トイレ、甘噛み、クレートトレーニング、社会化です。
これらの事を生後5,6ヶ月までに出来るようにしてゆく事が大切です。
特に社会化に関しては、子犬が成犬になってから遭遇するであろう人、物音、
物、犬等に慣らすこと。
会わせて経験させるだけでは駄目です。慣らすのです。
特に他の犬との社会化に関しては生後6ヶ月ぐらいまでに、他の犬と遊ぶ事の楽しさを教えてあげる事がとーっても重要なのです。

月島クラスでは、店内を安心してノーリードで遊べるので同じぐらいの月齢の子達と遊べて、上手く遊べるようになる経験をつめます。
10月クラスを無事終了した子犬達が今後どのように成長してゆくか楽しみです。

051024_1.jpg

051024_2.jpg

11月13日スタートの11月クラスも募集中です。

banner_03.gif
←ランキングです。
 sbanner.gif犬のしつけならカワノe-ドッグ←ホームページもご参照ください。

2005年10月23日 (日)

悲しい出来事

今日昔のお客様から手紙をもらいました。

トレーナーの仕事って、犬が相手なので、レッスンが終われば、終わりというわけではなく、何かあれば連絡がきます。
「こんな困ったことがあるのだけど、どうしたらよいでしょう?」
系の質問が一番多いのですが、
「できなかったこんなことが、出来るようになりました!!」
という、嬉しい連絡も良く来ます。
どちらにしても、卒業した犬たちの近況を聞けるのはトレーナーとしては、嬉しいものです。

今日の手紙も、そのどちらかだと思っていました。
差出人は、70歳を超えたおばあちゃんなのですが、すごくがんばってレッスンを受けていた方でした。
携帯もバリバリ使いこなすスーパーおばあちゃんだったのですが、さすがにメールは苦手なので、手紙なのかな、くらいに思って封を開きました。

051025.jpg
でも、そうではありませんでした。

↓悲しい記事ですが・・・
banner_03.gif

続きを読む "悲しい出来事" »

2005年10月18日 (火)

クレートトレーニングの必要性

7.jpg
我が家の愛用品はバリケン。Aoiも大のお気に入り。飛行機での移動も
バリケンなので、クレート慣れしている葵は意外に落ち着いています。

クレートトレーニングって聞きなれないかもしれませんが、クレート(犬用ハウス)に吠えないで大人しく入っていられるように、そこが犬にとって安心出来る場所になるようにトレーニングする事をクレートトレーニングと言います。

このトレーニングは犬を飼い始めたら行うトレーニング、トイレトレーニングと同じぐらい重要なトレーニングです。

クレートの中が犬にとって安心出来る場所になると何が良いか???
それは例えば動物病院に入院する事になった時や旅行や冠婚葬祭で犬を何処かに預けなくてはいけなくなった時に、いつも慣れているクレートごと預ける事も可能なのでストレス半減です。もちろん一緒に旅行に連れて行く時も飼い主さんと一緒でも自宅とは違う匂いのする場所で安心して寝る事は犬にとってはすごく難しい事ですがいつも使い慣れたクレートを持っていけば安心です。
また、新潟の震災の時もクレートトレーニングが出来ていない為、ハウスに大人しく入っていられず吠える犬は避難所に連れて行く事も出来ず家に置いていくしかなく、結局辛い思いをしてしまった犬達が沢山居る事も忘れてはいけません・・。

本当に愛犬の事を思うなら、クレートに入れるのが窮屈そうで可哀想と言わずトレーニングに挑戦してみる事をお勧めします。
犬にとっては巣穴のような寝床があるほうが安心できるのです。
よく、愛犬がソファーの下などに潜ってオヤツやおもちゃを噛んで寛いでいる姿を見たことはないです?

ところで、我が家のAoiさん誕生日でした。2日前でしたが、忘れていました・・・。ごめんね。でも犬はそんな事覚えていないか・・。3歳です。

______.jpg

↓ブログランキング登録してみました。
banner_03.gif

クリックお願いします。

2005年10月14日 (金)

犬と一緒に遊んでいますか?

NEC_0289.jpg

皆さんは愛犬とどのぐらい一緒に遊ぶ時間がありますか?
お仕事等忙しい毎日を送っていると、毎日のお散歩も、排泄の為のお散歩になってしまったり、面倒くさくなってお散歩に連れていたかなかったり・・・なんて
事はないですか??

ペットショップで、「この犬は室内犬ですからお散歩いらないですから忙しい方でも飼えますよ」と店員さんに言われて、犬を飼ってしまい、本当にその言葉を信じてお散歩に連れ出した事が殆どないという飼い主さんにお会いする事がものすごく多いです。
そもそも、室内犬というカテゴリーが無いですし、この世の中に病気で獣医さんにお散歩を中止されていない限り、お散歩のいらない犬は1頭も居ないです。チワワだってみーんなお散歩は必要です。
お散歩に行かないと、犬はストレスを溜め、お散歩にも行けず、家の中で殆どの犬人生を過ごした為に社会化不足に陥り問題行動を誘発します。
飼い主さんとしては、ペットショップで言われた通りにしたまでなのでしょうけど。ペットショップの方も売らなくてはいけない立場上、仕方が無かったのだと思います(動物の仕事に関わる中で、お散歩がいらない犬だとアドバイスする程動物の知識がないという事は考えにくいので)

犬は自分一人で出かける事が人間の様に出来ないです。飼い主さんが連れ出してあげなければ、外に出ることも出来ないのですから。

犬を飼ったら、お散歩に行く事はあたりまえとして、どのようなお散歩が良いのか。
お散歩は、時間の長さが重要なのではなく内容が重要なのです。
1時間ただ、歩くだけのお散歩をするりも、15分でも犬と思いっきり遊び、
駆け回り運動する事が重要です。
その為に、私がいつも飼い主さん達にお話するのは、「ボール投げ」を教える事、「うちの子ボール投げはあまり好きじゃないの・・・」皆さんこのようにおっしゃいますが・・・、犬が楽しくなさそうなのは、飼い主さんのテンションが楽しくなさそうだから、飼い主さんのテンションが低いから。
ボール投げは家の中でも外でもそれぞれ教えなければ犬はやらないですし、
楽しさを飼い主さんが大げさなぐらい表現して教えてあげなければ、飼い主と遊ぶ楽しさ、ボール投げの楽しさ、ディスクで遊ぶ楽しさ等等は犬は感じてくれないです。
犬と遊ぶ時に、周りの目なんか気にしてはいけません。だって彼らは、動物ですから、飼い主も動物的になって遊んだら愛犬の楽しそうな笑顔を見られるのでは

NEC_0005.jpg

2005年10月12日 (水)

犬のキャラクターについて

今日は犬のキャラクターについて書きたいと思います。

トレーニングやっていていつも思うのは、本当に十人十色だなと思います。
もちろん大きく分類すれば傾向はありますが、過去の経験だけに頼っていると、絶対にうまくいきません。

例えば今レッスンを受講中のハナちゃん↓
NEC_0286.jpg


最初カウンセリングでご自宅に伺ったときは、ギャンギャン威嚇吠えをしていました。大きな分類で行くとチワワは、臆病だけど気が強い子が多く、第一印象は「よくいるチワワ」でした。

こういう子タイプの子は、パニックを静めるため、時間がかかることが多いのですが、予想を裏切りハナちゃんはツケをたった1週間で完全にマスターしてしまいました。

安心も束の間、物音に敏感ということで、その練習をしてみると ペットボトルが転がっただけなのに、飛び上がってパニックになります。これは大変だと思いながら、練習を続けましたが、これまた1週間後にはほぼ我慢できるようになっていました。もちろんこれは犬だけの頑張りではなく、飼主さんの努力によるところが大きいです。

たった数週間でも、良くも悪くもその子のキャラクターを発見をしながらトレーニングを進めます。飼主さんにも初めての一面を見せることもしばしばです。

こういう発見があるから犬のトレーニングは面白いのです。


皆さんは本当に自分の犬のキャラクターを把握していますか?
そのコミュニケーションツールとしてトレーニングは最適です。

生まれ変わって

エスプラッツドッグスクールがこの度、11月にカワノe-ドッグに生まれ変わり、
新しいメディアを利用した犬のしつけのサービスを提供する会社として生まれ変わります。 従来のご家庭まで訪問するサービスはもちろん他にはない新しいサービスを提供します。
色々面白い企画を打ち出してゆきますのでお楽しみに!!!
カワノe-ドッグオフィシャルブログのバナーが出来ました。
パソコンや携帯からペットに餌を与え、ペットの様子を見る事が出来る製品iSeePetのポータルサイトで、確認できます。
biglogo.gif

2005年10月10日 (月)

雨、雨、雨

 NEC_0001.jpg「雨だけど激しくボール投げして遊んだし疲れたから寝るぞ。邪魔しないでおくれ。」

せっかくの連休も雨が降っては退屈なだけですね。
トレーナーの仕事も、大きく天候には左右されます。
外でのトレーニングが多いので、雨天時は中止になる事が多いです。
雨でも犬にはあまり関係ないのだけど、飼い主さんが雨の中傘さしながら
のトレーニングは辛いですからね。

たいてい、月曜日は、メール返信で午前中が殆ど終了します。
土日がどうしてもレッスンが混みあう為、時間がとれなく、返信が出来なかった、お客様からの問い合わせや、現在レッスン受けていらっしゃる
方達からの相談メールに返信、返信です。


今日のAoiさんはというと、雨の中朝から公園でボール投げを楽しみ泥だらけの為、シャンプー。雨の水溜りにスライディングでF1のレインでのレースかと思われる勢いで跳ね上がるボールも激しくジャンプして取る犬も水しぶきがあがっていました。(F1は大袈裟か、F3ぐらいかな?イヤ、チビッ子カートだな。)


2005年10月 8日 (土)

特ダネです!!

今日は私♂(オス)が書かせていただきます。

我が家の日課は、朝起きたらまず我が家の愛犬AOIの散歩に行きます。
今日もいつもと変わらず、寝起きのボーっとした感じのまま、散歩の準備をして、いつもの公園へ向かいました。
公園につくと、いつもやっている、一通りの基本訓練を行います。
離れたところからコマンドを出して犬をコントロールします。
コレで大体犬の調子が分かるのですが、なんだか今日は落ち着きがないようです。(まあ落ち着きがないのはいつものことですが・・・。それにしても今日は特にひどい)
引続き公園の中でのお散歩を続けます。
するとAOIが突然立ち止まりある方向に釘付けです。
その視線の先には、なんだか良く分からない白い動物が動いています。
大きさはAOIとほぼ同じくらいの大きさなのですが、犬でもないですし、公園にいる野良猫とも全然違います。
もっとコロコロした感じです。
いったいなんだろうと近づいてみると・・・

NEC_0281.jpg
なんとその正体は「ブタ」でした。
それも子ブタ!!

我々が近づいても気にする様子はなく、一心不乱に地面に生えているクローバーを食べています。
まあ、ブタちゃんにとっては一面においしいものがあるわけですから、我々のことなんか気にしてる暇はないのでしょうね。
どうやらペット用として飼われている子ブタが公園にお散歩に来ていたようです。

さてAOIはというと、珍しい不思議な動物に興味はあるものの、ビビリ気味で、遠くから鼻を伸ばしてその生き物の情報を必死で得ようとしています。
まあ始めてあう動物なのだから、AOIがそれがなにか分かるはずもないのですが・・・。
しかし相手が自分に攻撃的でないことが分かってくると、徐々に距離を縮めていきます。

犬ですから、たとえ相手は何であっても最終目標はお尻の匂いのようです。
必死でお尻への距離を縮めています。
うちのAOIは相手が人形でも、置物でも必ずお尻の匂いを嗅ぐのですが、その姿を見ているとバカだなと笑ってしまう一方、あーやはり犬なのだなと思います。
でも目で見ているものより、匂いのほうが信用できる感覚とはいったいどんなものなのか、全く想像できませんね。
きっと、周りのものすべてが匂いで判別できるわですから、すべての人が体臭がきつい感じなのでしょう。
そういえば体臭のきつい人が近くを通ると、その人を目で見なくても、近くにいることも分かるし、遠くへ行ったこともわかります。少し前にそこにいたことも分かることもあるので、そんな感じかなあと想像します。でもちょっといやですね。

AOIは緊迫した状態ながらも徐々に間合いを詰め、ようやく念願のお尻の匂いを嗅ぐことができたようです。
一度匂いを嗅ぐことが、できたら調子に乗ってしつこく匂いを嗅いでおります。
相手に攻撃の意思がないことが分かると、今度はブタの耳の匂いを嗅いでいます。
NEC_0283.jpg
さすがのブタ君も耳は嫌なようで、怒り出します。とはいえ犬のように噛もうとするわけではなく、必殺技は
「頭突き」
です。急にすごい勢いで突進するのです。
でもそれだけ。すぐにクローバーを食べるのを再開しています。

すると突然AOIが急に嬉しそうに、前半身を低くしてお尻を上げて踊っています。遊ぼうのポーズ?
いやこれは「喜びの舞」のようにもみえます。
「喜びの舞」とは、すごく大好きなおやつが出てきたときに、AOIが食べる前に必ずやる踊りのことです。
ということは!!
おやつに見えた?
確かに「ブタ耳」のスモークはAOIの大好きなおやつだ!!
まずいっ!このままでは食べてしまう!
急いでAOIを呼び戻します。
でもブタ君は我々の心配をよそに、一心不乱に食べております。

このままではブタ君を襲いかねないので、ブタ君に別れを告げ別の場所へ移動します。
でもAOIは公園のどこへ行っても、ブタ君の方向を気にしてばかり、よほどお気に召したようです。

このブタ君の飼主さんによると、大人になると現在の3倍くらいにはなるそうです。ということは今10kgくらいといっていましたから、30kgくらいになるということか・・・。
でもその大きさの生き物が家にいるのを想像すると、ちょっと大変ですね。

AOIは家に帰ってきてからも興奮冷めやらぬ様子で、走り回っていました。

以上特ダネ「子ブタが公園に出現!!」でした。

2005年10月 7日 (金)

ペットシッタースタッフ研修

気持ちの良いお天気の朝。(寝坊したけど・・・)
今日はトイプードル君のトレーニング、お天気も良いし清々しい気分でプードル君に
会いに行きますか。噛み付くけどねプードル君。。。。
先週に比べて少しずつトレーナーの目から見ると良くなっている部分もあるのだけど、
まだまだ噛み付いてます。子犬の頃は抱っこだってなんだって出来たそうです、
1歳過ぎて自我が出てきて変わってきてしっまたのです。
でも飼い主さんが素早く犬の変化に気がつき、トレーニングを受けようと決心したのが早かった
ので、まだまだ可能性はありますプードル君。一緒に頑張ろうね。

午後から雲行きが怪しくなってきたが、どうか夜までお天気もってくれ・・・。
午後~夕方まで、いつもトレーナーとしても、一飼い主としてもすっかり、
お世話になっている久米川のショップでペットシッタースタッフ研修を行う事になっている。
ショップの預かりホテル部門をカワノe-ドッグ公認とする為のスタッフ研修です。
いつも気心知れた(相手はどう思っているかしらないが・・・)スタッフの方達ですが、
結構緊張します。皆さんプロなのでプロ相手の研修なんて緊張しちゃうわ・・・。
スタッフの方のお散歩実技研修中(犬連れて実際のお散歩道を歩く路上教習みたいな感じかしら)に公園で、以前レッスンを受けてくださった飼い主さん達に久々出会えて嬉しかったわ。

人の犬を預かるって、ものすごく緊張するし、プレッシャーがすごいですね。
噛み付く犬の矯正トレーニングよりも、プレッシャー感じるわ。。。。

そういえば、自己紹介忘れてました・・・。

ドッグトレーナーを職業としスクールを経営している夫婦が一飼い主になる瞬間やトレーナーとして思うこと等の日常をリアルに書いていきます。
また、どうしてトレーナーになったのか等色々な事を暴露しちゃいます。
お楽しみに。

記念すべきブログ1枚目の写真はチャーリー!!!
NEC_0002.jpg

2005年10月 4日 (火)

プロフィール

川野信哉 Shinya kawano    川野悌子 Naoko Kawano
ドッグトレーナーを職業としスクールを経営している夫婦が一飼い主になる瞬間やトレーナーとして思うこと等の日常をリアルに書いていきます。
また、どうしてトレーナーになったのか等色々な事を暴露しちゃいます。
お楽しみに。

iSeePet アイシーペット
iSeePetのフォフィシャルブログとして、投稿しています。こちらもよろしくお願いします。

Kawano e-dog(R)
カワノe-ドッグのホームページです。詳しくはこちらも見てください。

リンク集

トップページ | 2005年11月 »