フォト
無料ブログはココログ

« 生まれ変わって | トップページ | 犬と一緒に遊んでいますか? »

2005年10月12日 (水)

犬のキャラクターについて

今日は犬のキャラクターについて書きたいと思います。

トレーニングやっていていつも思うのは、本当に十人十色だなと思います。
もちろん大きく分類すれば傾向はありますが、過去の経験だけに頼っていると、絶対にうまくいきません。

例えば今レッスンを受講中のハナちゃん↓
NEC_0286.jpg


最初カウンセリングでご自宅に伺ったときは、ギャンギャン威嚇吠えをしていました。大きな分類で行くとチワワは、臆病だけど気が強い子が多く、第一印象は「よくいるチワワ」でした。

こういう子タイプの子は、パニックを静めるため、時間がかかることが多いのですが、予想を裏切りハナちゃんはツケをたった1週間で完全にマスターしてしまいました。

安心も束の間、物音に敏感ということで、その練習をしてみると ペットボトルが転がっただけなのに、飛び上がってパニックになります。これは大変だと思いながら、練習を続けましたが、これまた1週間後にはほぼ我慢できるようになっていました。もちろんこれは犬だけの頑張りではなく、飼主さんの努力によるところが大きいです。

たった数週間でも、良くも悪くもその子のキャラクターを発見をしながらトレーニングを進めます。飼主さんにも初めての一面を見せることもしばしばです。

こういう発見があるから犬のトレーニングは面白いのです。


皆さんは本当に自分の犬のキャラクターを把握していますか?
そのコミュニケーションツールとしてトレーニングは最適です。

« 生まれ変わって | トップページ | 犬と一緒に遊んでいますか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/351550/6001368

この記事へのトラックバック一覧です: 犬のキャラクターについて:

« 生まれ変わって | トップページ | 犬と一緒に遊んでいますか? »