フォト
無料ブログはココログ

« 放っておけない犬種 | トップページ | 手編みセーター犬用 »

2006年2月 9日 (木)

ドッグビーチ アメリカレポートその4

今日はアメリカドッグビーチを私川野信哉がお送りします。
カリフォルニアガール・RICOと天気も良かったので、
ちょっくらビーチに行ってきたときのお話。

 
060209.jpg

場所はこの辺。ポチットするとYAHOOの地図にリンクします。
ちょっとサンフランシスコからも遠いので、行きにくいかもしれませんね。
1月だというのに、サーフィーンしている人もたくさんいて、
リゾート気分満点です。

060209_1.jpg
ドッグビーチの全景はこんな感じ。
フェンスなどは全くありません。
自然の環境で、他のビーチとはつなっがてない状態です。

060209_2.jpg
ドッグビーチです!というわけではなく、犬も入れますって感じです。
写真の文字が見えるかどうか分かりませんが、ルール上、犬が入れるのは
日出から10:00までと16:00から日の入までだけです。
でも昼間でも皆さん犬連れで入ってましたけどね。

060209_3.jpg
通常、他のビーチはこんな感じで、犬はダメです。
犬に斜線がひかれているの分かります?

060209_4.jpg
さて、RICOは?
というとせっかくビーチに来たというのに、とりあえずにおいチェック!
他の犬はあまり興味がないご様子。

060209_5.jpg
遊ぶより、海を眺めているのが良い?
ばばくさ!!
でも人間と遊ぶのは大好きで、よだれをたらして楽しんでいました。

060209_6.jpg
周りの犬達も大はしゃぎで、走ったり海にダイブしたりしています。
すばらしい環境ですね。

検疫の法律が変わり、手続きさえきちんとすれば、犬との海外旅行もしやすくなりました。
(犬が海外に行きたいかどうかは疑問ですが・・・)
是非、犬とこんなところも行ってみてください。
でもその際には、飛行機に乗るためのトレーニングをきちんと行わないと、
犬にはものすごいストレスがかかりますから、注意が必要です。


banner_03.gif
←今日のワンポチお願いします!


川野なおこ担当レッスン
佐々木潤子さんのブログはこちら


sbanner.gif犬のしつけならカワノe-ドッグ←ホームページもご参照ください。

« 放っておけない犬種 | トップページ | 手編みセーター犬用 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドッグビーチ アメリカレポートその4:

« 放っておけない犬種 | トップページ | 手編みセーター犬用 »