フォト
無料ブログはココログ

« カリフォルニアガールの休暇 | トップページ | セレブ犬散歩 »

2006年5月 7日 (日)

クレート(ハウス)の考え方

060507.jpg 
パピークラスでも成犬のクラス、問題行動のクラスでも
必ずお話するのがクレートトレーニング(ハウス)の必要性。

旅行や冠婚葬祭でホテルや知人宅等に犬を預ける時、
動物病院に入院する事になった時、
犬とペンション等に一緒に泊まる時、
災害等の時、
水道工事や電気工事の人が来て犬がチョロチョロすると危険な時、
お子様のお友達等が遊びに来て犬が恐い子が居た時、
例をあげればキリが無いが、

吠えたり鳴いたりしないでクレートに大人しく入る事が出来ると
とっても便利。

ただ、飼い主さんの気持ちとして、
クレートに入れるのは、可哀想・・とおっしゃる方が多い。
あんな狭い所に閉じ込めるなんて・・・と。

でも、入院等で突然閉じ込められる方が犬にとっては何倍ものストレス。

そして、クレートの考え方として、
ずっと閉じ込めるわけではない。
基本的には家の中でフリーで良いし、悪戯やトイレの失敗や問題行動が
無ければ、夜寝るときもクレートじゃなくてもフリーでも構わない。

リビング等皆が寛ぐ場所にクレートを置いてあげて、
扉はいつも開けておき、犬がゆっくり静かに寝たい時等に
クレートに入って寝たり寛ぐ事が出来るようにしてあげる。

その為にはクレートが大好きになるようにトレーニングをする。

アメリカのパピークラスでも、私が過去見学したクラスでは、
皆一番最初にクレートトレーニングの話をしていた。
トイレトレーニングと同じぐらい重要な事だそうです。

犬にとってのクレートは閉じ込められるという場所ではなく、
いわゆる、個室。自室、プライベートルームみたいな感覚です。
自分の部屋も無いなんて、大部屋ではちょっとね・・・。

0605071.jpg
ちなみにAoiさん・・・
伸びて寝たいなら、クレートから出てくれば良いのに・・・。
こんな寝づらそうな体勢でもクレートから出てこない・・・。

そして相変わらず恐くて変な顔・・・。


banner_03.gif
←今からでも遅くない!クレートトレーニングだ!クリック。


川野なおこ担当レッスン
佐々木潤子さんのブログはこちら

sbanner.gif犬のしつけならカワノe-ドッグ←ホームページもご参照ください。

« カリフォルニアガールの休暇 | トップページ | セレブ犬散歩 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/351550/6001520

この記事へのトラックバック一覧です: クレート(ハウス)の考え方:

« カリフォルニアガールの休暇 | トップページ | セレブ犬散歩 »