フォト
無料ブログはココログ

« 犬同士の会話 | トップページ | 横の繋がり »

2006年8月30日 (水)

Cesar Millan

060831.jpg


いまや、アメリカでは問題行動のある犬を扱うトレーナーとして
すっかり話題になった。Cesar Millan氏。

最近、私のお客様でも彼のファンが増えつつあるので、
ブログで彼の本を紹介。

National GeographicでDog Whispererという番組で彼が、
毎回悩める飼い主の所へ行き、飼い主の目の前で問題を解決する番組。

彼のやり方は、よくある、問題行動解決番組のように、
変な小道具等は使わない。

彼が犬に対して、リーダーシップを目の前で取ってみせて、
リーダーシップの必要性を飼い主に説く。

以前このブログでも紹介した、子供のしつけ番組Super Nannyの犬版ですね。
ジョーが言っていることとCrsarさんの言っていることは原理原則は一緒。

Dog Whispererは残念ながら日本ではやってないのと、
本もまだ日本語訳が発売されていないのですが・・。

彼の番組は、多くの飼い主が心を打たれています。

私が最初に見たチワワのNUNUのお話は、涙が止まりませんでした。

Mixi内でも話題になっていて、番組を見た方の感想で、
毎回Cesarさんの活躍に、家族で「ブラボー!」でスタンディングオベーションだそうです(笑)

多分トレーナーのお仕事されている方だと、何故か思わずガッツポーズが
出てしまう場面も多々あり。

Cesar's Wayの本は、トレーニングのやり方や理論を書いた本では無い。
トレーニングについて語るのではなく、

飼い主としてのリーダーシップ論について、前半は抽象的だけど
後半は具体的にシンプルに書いています。

基本といえば基本で当たり前の事、
でも、最近「褒めてしつける」の意味が違う方向にいってしまい、
甘やかす事と一緒になってしまっている場面をパピーコースでよく出会う。

ジョーの子供のしつけ番組でも一緒だけど、親が子供に対して、
褒めるという行為がオダテル行為になっている。

親がリーダーシップを取れなければ、子供は暴走する。
犬も同じ。

彼の理論は犬に必要な事は、エクササイズ(犬それぞれにあったエネルギー消費を考えた運動)、ルール、愛情です。

与える順番もこの順番に与えるという考え。

エクササイズ、愛情はどの飼い主さんも比較的犬に与えている方は多いけど、ルールを与えるのを忘れている事はあるかもしれない。

家でお散歩で公園でドッグランでカフェで、
ノールールになっている状態は確かに多い。

※ちなみにこの本、日本語版はないけど、表現が難しい文章の英語ではないので読みやすいと思います。でも。。前半はCesarさんの生い立ちなので、
番組を見て彼のファンじゃない限りは、(私は大ファンだから面白かったけど)その辺は飛ばして読んでもよいかも。




banner_03.gif
←もっと翻訳されて沢山の本が日本でも読めると良いね。クリック!


川野なおこ担当レッスン
佐々木潤子さんのブログはこちら

sbanner.gif犬のしつけならカワノe-ドッグ←ホームページもご参照ください。

« 犬同士の会話 | トップページ | 横の繋がり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cesar Millan:

« 犬同士の会話 | トップページ | 横の繋がり »