フォト
無料ブログはココログ

« 犬じゃないけど | トップページ | 夏だ。祭りだ。 »

2006年8月 9日 (水)

学習方法

柴犬Aoiさんの学習方法。

彼女の特徴、1つの行動やルールを覚えるまでに
ものすごーく時間がかかる。学習能力が高いとはいえないかな。。。

脳の活性化の為、定期的に
新しい行動、ルールを教える事は良いと思うので、
一気に色々教えないで、のちのちの為に、もったいぶって
小出しにするのが私とAoiさんのトレーニング方法。
(なんて、ただ単にトレーニング時間がしっかり
取れていないだけだったりして)

教える行動の目的、使うシチュエーション、教えたい行動に対する
彼女の反応によって、教え方を変えている。

その中には、クリッカーを使って教えた行動もある。
彼女に、クリッカーを使って教えた行動は3つだけ。
1.マット(コマンドでマットの上に移動しお座りでそのままステイ)
2.ライト、レフト、バック、フォワード
3.レステ(ゴロンと横になる)

彼女の学習の特徴として、

クリッカーを使わないで、リードでの合図で教えた行動に関しては、
家、外、環境が変わっても、すぐやる。
どんな時でも絶対やる。
もちろん、リード合図は送らなくても声のコマンドだけでやる。

クリッカーを使って教えた行動は、
彼女は、家の中だけでしかやらない。外では絶対にやらない。

もちろん、犬は応用が不得意なので、家の中で習った事を外にいきなり
持っていても出来ないのは当然。
外は外で練習しないと駄目。

今まで習った行動のオンパレードで、関係ない行動をとって、
どの行動を望まれているのか考えるのだけど、

でも、リードの合図で教えた行動は、彼女の場合、外でも何処でも
急に環境が変わっても、一発で出来る。どの行動を望まれているか
確実に理解している。

060809.jpg
クリッカーで教えた、
レステの指示が出ると、とーっても、張り切って行動するんだけど、

家では完璧なのに、
外では、「レステ」の指示で、立止とお座りを交互に、「これかな?
あれ?これだったかな?」とあてずっぽに、張り切ってやってました。

暫く、粘ってこちらも望みの行動が出るまで待ったけど、
彼女の集中力が切れてタイムアップ。

人間もそうだけど、学習の仕方もそれぞれ個性がありますな。


banner_03.gif←今は、玩具のお片づけを教えているところ、クリックしてね!


川野なおこ担当レッスン
佐々木潤子さんのブログはこちら

sbanner.gif犬のしつけならカワノe-ドッグ←ホームページもご参照ください。

« 犬じゃないけど | トップページ | 夏だ。祭りだ。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/351550/6001583

この記事へのトラックバック一覧です: 学習方法:

« 犬じゃないけど | トップページ | 夏だ。祭りだ。 »