フォト
無料ブログはココログ

« ネームタグ紛失 | トップページ | 夏場の空の旅 »

2006年9月12日 (火)

動物取扱業登録制度

今まで、出張訓練という業種は、訓練所のような、
預託訓練と違って、特別な届出はいらなかったのですが、

動愛法改正に伴い、

6月から、出張訓練士も届出が必要になりました。

「動物取扱責任者」が事業所に常勤していなくては、出張訓練をやっては
いけなくなったのです。

今までの、数時間の研修を受ければ誰でも取得出来た、
「動物取扱主任者」とは違って、

下記の条件のいずれかをクリアしなければ、
出張訓練の営業許可がおりないという事。

・訓練士としての実務経験が半年以上あること
・訓練士の技術知識について1年間以上教育する学校、その他教育機関を卒業している事。
・公平性、専門性を持った団体が行う客観的な試験によって技術知識が証明を受けている事。(JKC、GCT、JAHA等々)

等他のにももろもろ条件があるのですが。

上記を見ると、あくまで日本国内の法律なので、
海外資格、海外の訓練所等は認められないので、

私の場合は、実務経験を証明する事でクリア出来ました(汗)

出張トレーニングに出る全てのトレーナーの経歴を申請登録しなくては
いけないので、

カワノe-ドッグの、みんなの書類を作成して改めて、
JKC公認、PD日本警察犬協会公認等、みんなカッコえ~な~。

なんだか、私、実務経験で証明って・・・ショボくない?

動物愛護センターの人が昨日事務所のチェックにもきて、
カワノe-ドッグは無事クリア~。

登録事業所全て、ちゃんとチェックしに回るそうです。
それって、すごーい数、大変な作業だわ。。お疲れさまです。。。

そうそう、出張トレーニングの際、許可証を携帯しなくてはいけないんだって。
見えるところに携帯が原則みたいだけど、胸に貼るのかな?





banner_03.gif
←せっかく涼しくて、トレーニングには最適と思いきや、秋雨前線停滞です!残念!クリックしてね~!


川野なおこ担当レッスン
佐々木潤子さんのブログはこちら

sbanner.gif犬のしつけならカワノe-ドッグ←ホームページもご参照ください。

« ネームタグ紛失 | トップページ | 夏場の空の旅 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/351550/6001608

この記事へのトラックバック一覧です: 動物取扱業登録制度:

« ネームタグ紛失 | トップページ | 夏場の空の旅 »