フォト
無料ブログはココログ

« K9予選終了 | トップページ | ガールズトークって何よ? »

2008年9月17日 (水)

認めるという事

「犬を褒めてください」という言葉があまり好きじゃない。

「褒める」というと、
高い声で、猫なで声で、「いいコね~」。

余計に犬を興奮させてしまう。
特に、柴犬Aoiさんみたいに、

「私の事は、そっとしておいて、
触らないで居てくれる事が何より幸せ」タイプの犬にとって、

飼い主が1人興奮してベタベタした褒め方は、
とーっても迷惑。不愉快(笑)

アメリカの訓練所に居た時に、
彼等欧米人が日本人と違うな~と感じた点は、
「褒め方」だった。

「褒める」という表現より、
犬のモチベを上げる時は「励ます」という表現に近い。
日常での犬の行動を褒める時は「認める」という表現に近い。

今トレーニングを担当させて頂いているアメリカ人の飼い主さんが、
人間が望んだ行動を犬がしてくれた時に、
必ず静かな声と笑顔で犬に対して「Thank you.」と言う。

なんかね、素敵だな~と思って、彼のその声をいつも聞いている。

「ありがとう」って言われると、心が温かくなるし、
自分も「ありがとう」って言いたいよね。

語らない事が美しい日本の文化で育った私達は、
相手を褒める事に慣れ無い為、大袈裟な褒め方で
ぎこちなくなってしまうのかもしれないのですけど、

「さりげなく褒められるのも嬉しいよね~っ」て、
先日K9ゲームジャッジのマミちゃんと盛り上がったのでした。
特に私達は、ヨーロッパ人びいきなので。(ってヨーロッパって
広いですけど・・)

フランス人師匠が、
私の事を呼ぶとき(ご機嫌な時に限りますが)
「My treasure」って呼ぶ時がある。

師匠は、フランス人といっても、車のドアを開けてくれる様な、
レディーファーストのジェントルマンでは全くなく、

助手席に乗った私が車のドアを閉める前に、
車を急発進させるという、ワイルドでワガママで超古くさい亭主関白なオッサン(笑)

そんな人が、そんな風に呼んでくれるのが嬉しいのだ。
言い合いになって、私を説得したい時にも、
「話を聞け」という意味を含め急に「You're my treasure」が出てくる(笑)

なんかね、、この言葉から、彼にとって、自分が育てたトレーナーは、
宝だし、貴重な存在と思ってくれているのが伝わる。

私も、認めてもらえているという安心感があるのだよね。

きっと誰だって、誰かに、周りに認められたいのだと思う。
犬達もそうかもしれないね。

「褒める」より「認める」

それより、、、今日の現段階での、このブログの
アクセス数がいつもの2倍以上になっているのですが、
なんだろう。
何かあったのかな?私、何かしたかしら?






« K9予選終了 | トップページ | ガールズトークって何よ? »