フォト
無料ブログはココログ

« 太陽と月 | トップページ | 久々の再会 »

2008年12月 3日 (水)

防衛の欲出し

ベルジアンマリノアMIYA様の防衛訓練。
フレンチリングで足を噛む様にトレーニングされているのを、
腕を噛む様に教えてゆくと共に、
欲だしが、まだまだ甘かったので再度欲出しからやり直し。

私からすると、パワーは弱いがスピードと欲はあると思っていた。

少なくもと欲だけは充分過ぎるぐらいにあり、冷静になれずに
慌てて噛んで作業をこなしているように思えたのだが、、

先生曰く、「これだけ興奮していても、まだ瞳孔が開いてないんだよな~。
まだ冷静なんだ。もっと瞳孔がぐっと開いて、気がついたら噛んでいたという
ぐらい頭に血が上らないと駄目だ。」

現に、、防衛のスリーブを咥えても今までは指示ですぐに離す事ができた。

しかし先日の練習でかなりMIYA様血が上ったのか、
なかなかスリーブを離さない。もちろん守って唸ったり、
取ろうとする人に対して攻撃はしない。
(攻撃する為には咥えたスリーブを自分の口から離さないといけないので
絶対にスリーブを離すなと教えられているから攻撃する事は通常ありえない)

普通にお座りして一点を見据えてスリーブを
ずっとフルバイトで奥まで咥えたままガンとして離さない。
まるでこちらの声が聞こえていないかのように。

先生には、犬にアウトをさせる時、コマンドは静かな小さい声で
出すように言われているので、、心理戦的攻防が続くやっとアウトする。

先生がおっしゃるには、その時の「噛み」の際は、初めて少しだけ、
MIYAの瞳孔が開いたそうです。

「だんだん頭に血が上ってきたな~。」と
調子があがってきて、、よーし、来週もがんばるぞと思った途端、、

MIYA様、、シーズンですわ。よって暫く練習はお休みだわ。

« 太陽と月 | トップページ | 久々の再会 »