フォト
無料ブログはココログ

« 自慢できるカラダ | トップページ | オビディエンスとメンタル欲求 »

2009年1月20日 (火)

200901201343000
乗馬に行ってきました~。(中にプロテクターを着けているので
やけにムクムクしていますが)

初体験だったので、どうかな~と思ったら、
意外と大丈夫そうだったみたいで、

インストラクターの方が、
「今日、馬を走らせるところまでやっちゃいますか」
とおっしゃって、馬を走らせるところまで練習させてくれました。

インストラクターさんがおっしゃるには、
馬を発進させる時に、私が結構強めに
馬を蹴ったのが良かったとの事。
(馬にもガツンといってしまいました・・)

馬が走ると途端に揺れ方が全く変わる。
フィットネスマシンのジョーバ君では表現できない
揺れ方動き方になる。

上に跳ね上がるから、
お尻が馬の鞍に当たるのでとっても痛い、
そうならないために、
馬の揺れにあわせて、立ったり座ったりを繰り返すのだが、、
立つ座るのタイミングが遅すぎたり早すぎたり、ずれるだけで、
馬に当たってしまうので駄目。

私の様子を見て、瞬時に何が原因かを発見出来る
インストラクターさんは流石素晴らしい。

インストラクターさん曰く、
立つ時は自分の力で立ち上がっているのに、
座る時に重力で座ってしまっているから、
馬の揺れとタイミングがずれるのだそうです。

犬のしつけも力ではなくて、タイミングが命ですが、、
馬も一緒なのですね~。

そしてインストラクターさんから
「馬の上でスクワットをするように立ったり座ったりしてください」
なるほど。

そうしたら、、なんというんでしょう。
この感動。
フワっとカラダが浮く感じで風を感じて、
馬と一体になった瞬間がありました。

自分でも「もしかして、、これって・・」
と思った瞬間、
「それだ!乗れた!!」とインストラクターさんの声。

うほほほ~い。

そこからは、馬のリズムと自分のリズムがぴったり
合って行くのがわかり、楽しい。楽しい。
もっともっと走りたい!!と思いました。

馬が歩いている速度での乗馬運動はウォーキングの2倍の
運動量。

走っている馬に乗る運動量はエアロビ以上の運動量になるそうです。

うん、、。だって今日はこんなに寒いのに、
30分レッスンしただけで汗びっしょりでした。

しかし、、乗馬をされている犬の飼い主さんの
質問がいつも鋭いのは納得でした。
だって、、物凄く共通点がある。

褒め方とか指示の出し方、いけない事をした時の叱り方。

続けてみようと思う。乗馬。

« 自慢できるカラダ | トップページ | オビディエンスとメンタル欲求 »